暴力論

中山 元

暴力論
暴力論から社会学の革新へ(1) : 〈存在と行為の社会学〉の構想の下で
田中 滋/龍谷大学社会学部紀要 (52), 1, 2017-03-15
〈新刊紹介〉『現代暴力論 「あばれる力」を取り戻す』栗原康著
阿部 安成(評)/彦根論叢 (第409号), 64-64, 2016-09
教育における「権威」の位置--H.アレントの暴力論をてがかりに--
田中 智輝/教育学研究 83(4), 461-473, 2016
カマラ大司教の暴力論に関する再評価の試み(第一部会,研究報告,<特集>第74回学術大会紀要)
新免 貢/宗教研究 89(Suppl), 163-164, 2016
体操で美しさを求めることの教育的意義について : 暴力論,美,教育の因果性を中心に
田中 理恵 , 村田 由香里 , 具志堅 幸司/本体育大学紀要 45(1), 1-11, 2015-09
スポーツ集団における選手間関係の暴力性 : ルネ・ジラールの暴力論を手掛かりに(00 体育哲学,一般研究発表,2020東京オリンピック・パラリンピックと体育・スポーツ科学研究)
松田 太希/日本体育学会大会予稿集 66(0), 86-87, 2015
ノルベルト・エリアス暴力論の日本での受容について
小林 裕一郎/現代社会学 (13), 63-77, 2012
目取真俊『虹の鳥』考 フランツ・ファノンの暴力論を越えて
尾崎 文太/言語社会 5, 220-234, 2011-03-31
スポーツにおける文明化論の可能性と今後
坂 なつこ/スポーツ社会学研究 19(1), 39-40, 2011
ハンナ・アーレントにおける暴力論について
小林 裕一郎/現代社会学 (12), 3-17, 2011
暴力-平和論とコンフリクト-平和論を統合した平和教育 : ガルトゥング暴力論とトランセンド紛争転換理論を主軸にして(教育と平和構築,公開シンポジウムII,発表要旨)
いとう たけひこ/日本教育学会大會研究発表要項 69(0), 468-469, 2010
ジーン・シャープの戦略的非暴力論
中見 真理/清泉女子大学紀要 57, 163-184, 2009
暴力論の系譜--今村仁司とジョルジュ・ソレル
塚原 史/東京経大学会誌. 経済学 (259), 83-94, 2008-03-19
「暴動」をいかにとらえるか--南アジアにおける集合的暴力論の理論的展開
木村 真希子/プライム (27), 109-120, 2008-03
ジラールの暴力論と政治の論理
松谷 邦英/国際基督教大学学報. II-B, 社会科学ジャーナル (60), 267-286, 2007-03-31
ジラールの暴力論と政治の論理
松谷 邦英/国際基督教大学学報. II-B, 社会科学ジャーナル 60, 267-286, 2007-03
アメリカの能力別編成と構造的暴力論 : 日本の習熟度別指導への一つの示唆
船木 正文/大東文化大学紀要. 社会科学・自然科学 45(社会科学), A177-A188, 2007
ベンヤミンの「法」と「ことば」について : 暴力論読解の手がかりを探る
小田 直史/文明構造論 : 京都大学大学院人間・環境学研究科現代文明論講座文明構造論分野論集 1, 47-68, 2005-08-05
江口渙『続わが文学半生記』の余白に : G・ソレル『暴力論』とロープシン『蒼ざめたる馬』(<特集>暴力と文学)
藤井 貴志/日本文学 54(1), 48-60, 2005
サルトルにおける暴力論の位置 : サルトル-バタイユ問題にも寄せて
清 眞人/近畿大学生物理工学部紀要 2, 86-106, 1997-12
<書評>超越的権威の再生産と暴力 : モーリス・ブロックの儀礼的暴力論
鎌原 利成/京都社会学年報 : KJS = Kyoto journal of sociology 2, 135-143, 1994-12-25
本居宣長におけるミメーシスー暴力論の展開
松島 泰勝/早稲田経済学研究 39, 19-32, 1994-06-30