哲学空間ポリロゴス

バルトの著作

中山 元

バルトの著作 邦訳

ロラン・バルト
主要著作
Le Degre zero de l'ecriture (1953年)
 零度の文学 森本和夫訳、現代思潮社、1965年
 『零度のエクリチュール』渡辺淳・沢村昂一訳 みすず書房(1971年 ISBN 4622004658)
 『エクリチュールの零度』森本和夫・林好雄訳註 ちくま学芸文庫(1999年 ISBN 4480085238)
 零度のエクリチュール 石川美子訳 みすず書房 2008年
Michelet par lui-meme (1954年)
 『ミシュレ』藤本治訳 みすず書房(1974年 ISBN 4622051303)
Mythologies (1957年)
 『神話作用』篠沢秀夫訳、現代思潮社(1967年 ISBN 4329000598)
Essais Critiques (1964年)
 『エッセ・クリティック』篠田浩一郎・高坂和彦・渡瀬嘉朗訳 晶文社(1972年 ISBN 4794923287)
La Tour Eiffel (1964年)
 エッフェル塔 宗左近・諸田和治訳 審美社 1979年 /ちくま学芸文庫 1997年
 エッフェル塔 花輪光訳 みすず書房 1991年
Critique et verite (1966年)
 『批評と真実』保苅瑞穂訳 みすず書房 2006年
Systeme de la mode (1967年)
 『モードの体系─その言語表現による記号学的分析』佐藤信夫 (言語哲学者)訳、みすず書房(1972年 ISBN 4622019639)
S/Z (1970年)
 『S/Z─バルザック「サラジーヌ」の構造分析』沢崎浩平訳 みすず書房(1973年 ISBN 4622019663)
L'Empire des signes (1970年)
 『表徴の帝国』宗左近訳、新潮社「創造の小径」 1974年 / ちくま学芸文庫 1996年
 サド、フーリエ、ロヨラ 篠田浩一郎訳 みすず書房 1975年
Nouveaux Essais critiques (1972年)
 『新=批評的エッセー─構造からテクストへ』花輪光訳 みすず書房(1977年 ISBN 4622004704)
Le Plaisir du texte (1973年)
 『テクストの快楽』沢崎浩平訳 みすず書房(1977年 ISBN 4622004712)
 テクストの楽しみ 鈴村和成訳 みすず書房 2017年。新訳
Roland Barthes par Roland Barthes (1975年)
 『彼自身によるロラン・バルト』佐藤信夫訳 みすず書房(1979年 ISBN 4622004798)
 旧修辞学 便覧 沢崎浩平訳 みすず書房 1979年
 物語の構造分析 花輪光訳 みすず書房 1979年
 映像の修辞学 蓮實重彦・杉本紀子訳 朝日出版社 1980 /ちくま学芸文庫 2005年
Fragments d"un discours amoureux (1977年)
 『恋愛のディスクール・断章』三好郁朗訳 みすず書房(1980年 ISBN 4622004828)
Lecon (1978年)
 『文学の記号学─コレ-ジュ・ド・フランス開講講義』花輪光訳 みすず書房(1981年 ISBN 4622049554)
バルト、<味覚の生理学>を読む ブリヤ=サヴァラン 松島征訳 みすず書房 1985年
 La Chambre claire (1980年)
『明るい部屋─写真についての覚書』花輪光訳 みすず書房(1985年 ISBN 4622004895)
 作家ソレルス 岩崎力・二宮正之訳 みすず書房 1986年
L"Obvie et l"obtus (1982年)
 『第三の意味─映像と演劇と音楽と』沢崎浩平訳 みすず書房(1984年 ISBN 4622004844)
 『美術論集─アルチンボルドからポップ・アートまで』沢崎浩平訳 みすず書房(1986年 ISBN 4622004917)
Le Bruissement de la langue (1984年)
 『言語のざわめき』花輪光訳 みすず書房(1987年 ISBN 4622004542)
 『テクストの出口』沢崎浩平訳 みすず書房(1987年 ISBN 4622008718)
 記号学の冒険 花輪光訳 みすず書房 1988年
Incidents (1987年)
 『偶景』沢崎浩平・萩原芳子共訳 みすず書房(1989年 ISBN 4622045311)


小さな神話 下沢和義訳 青土社 1996年
小さな歴史 下沢和義訳 青土社 1996年
ロラン・バルト映画論集 諸田和治編訳 ちくま学芸文庫 1998年
ラシーヌ論 渡辺守章訳 みすず書房 2006年
喪の日記 石川美子訳 みすず書房 2009年、新装版2015年
ロラン・バルト中国旅行ノート 桑田光平訳 ちくま学芸文庫 2011年
ロラン・バルトモード論集 山田登世子編訳 ちくま学芸文庫 2011年

ロラン・バルト著作集(みすず書房)
Oeuvres completes de Roland Barthes、2002年。訳書は2003−2017年に刊
文学のユートピア 1942 - 1954 渡辺諒訳
演劇のエクリチュール 1955 - 1957 大野多加志訳
現代社会の神話 1957 下澤和義訳
記号学への夢 1958 - 1964 塚本昌則訳
批評をめぐる試み 1964 吉村和明訳
テクスト理論の愉しみ 1965 - 1970 野村正人訳
記号の国 1970 石川美子訳
断章としての身体 1971 - 1974 吉村和明訳
ロマネスクの誘惑 1975 - 1977 中地義和訳
新たな生のほうへ 1978 - 1980 石川美子訳

ロラン・バルト講義集成(筑摩書房)
いかにしてともに生きるか コレージュ・ド・フランス講義1976-1977年度 野崎歓訳 2006年
〈中性〉について コレージュ・ド・フランス講義1977-1978年度 塚本昌則訳 2006年
小説の準備 コレージュ・ド・フランス講義1978-1979年度と1979-1980年度 石井洋二郎訳 2006年

Ouvrages

Roland Barthes
Le Degre zero de l'ecriture suivi de Nouveaux essais critiques, Editions du Seuil, Paris, 1953
Michelet par lui-meme, Editions du Seuil, Paris, 1954
Mythologies, Editions du Seuil, Paris, 1957 - reed. augmentee, 2010
Sur Racine, Editions du Seuil, Paris, 1963
Essais critiques, Editions du Seuil, Paris, 1964
La Tour Eiffel, Centre national de la photographie/Editions du Seuil, Paris, 1964
Elements de semiologie, Denoel/Gonthier, Paris, 1965
Critique et Verite, Editions du Seuil, Paris, 1966
Systeme de la mode, Editions du Seuil, Paris, 1967
S/Z essai sur Sarrasine d'Honore de Balzac, Editions du Seuil, Paris, 1970
L'Empire des signes, Skira, Paris, 1970
Sade, Fourier, Loyola, Editions du Seuil, Paris, 1971
Nouveaux essais critiques, Editions du Seuil, Paris, 1972
Le Plaisir du texte, Editions du Seuil, Paris, 1973
Roland Barthes par Roland Barthes, Editions du Seuil, Paris, 1975
Alors la Chine ?, Christian Bourgois, Paris, 1975
Fragments d'un discours amoureux, Editions du Seuil, Paris, 1977. Existe egalement en livre audio, lu par Fabrice Luchini, paru aux editions Audiolib.
Lecon, Editions du Seuil, Paris, 1978
Sollers ecrivain, Editions du Seuil, Paris, 1979
La Chambre claire : Note sur la photographie, Gallimard/Seuil/Cahiers du cinema, Paris, 1980. Existe egalement en livre audio, lu par Daniel Mesguich, paru aux editions Audiolib
Sur la litterature, ed. Presses universitaires de Grenoble, 1980
Le Grain de la Voix : Entretiens, 1962-1980, Editions du Seuil, Paris, 1981
L'Obvie et l'Obtus : Essais critiques III, Editions du Seuil, Paris, 1982
All except you : Saul Steinberg, Reperes, Paris, 1983
Le Bruissement de la langue : Essais critiques IV, Editions du Seuil, Paris, 1984
L'Aventure semiologique, Editions du Seuil, Paris, 1985
Incidents, Editions du Seuil, Paris, 1987
Oeuvres completes, tome I : 1942-1965, Editions du Seuil, Paris, 1993
Oeuvres completes, tome II :1966-1973, Editions du Seuil, Paris, 1994
Oeuvres completes, tome III : 1974-1980, Editions du Seuil, Paris, 1995
Oeuvres Completes, 5 tomes, Editions du Seuil, Paris, 2002
Le Plaisir du texte precede de Variations sur l'ecriture, Preface de Carlo Ossola (trad. par N. Le Lirzin), Editions du Seuil, Paris, 2000
Ecrits sur le theatre, Editions du Seuil, Paris, 2002
Comment vivre ensemble : cours et seminaires au College de France 1976 ? 1977, Editions du Seuil/Imec, Paris, 2002
Le Neutre : cours et seminaires au College de France 1977 ? 1978, Editions du Seuil/Imec, Paris, 2002
La Preparation du roman : I et II, cours au college de France 1978 ? 1980, Editions du Seuil/Imec, Paris, 2003 (28h d'archives sonores au format MP3)
Carnets de voyage en Chine, Editions Christian Bourgois, Paris, 2009
Journal de deuil, Editions du Seuil/Imec, Paris, 2009
Ecrits sur le theatre, textes reunis et presentes par Jean-Loup Riviere, editions Points, 201546.
Cy Twombly, Editions du Seuil, Paris, 2016