カント論

中山 元

カントと平和

CiNii

強制的国際立憲主義の問題点と非武装平和主義の展望 : カント,ハーバーマスと日本国憲法第9条の政治哲学
田邉 俊明/広島平和研究 5, 81-107, 2018-03
オリンピックにおける「人間の尊厳」とその平和構想に関する哲学的探究 : カント哲学の人間観に着目して
野上 玲子/日本体育大学スポーツ科学研究 6, 1-9, 2017-05-23
カント哲学と平和の探究 : 日本における永遠平和論の研究とその課題
牧野 英二/法政大学文学部紀要 74, 1-20, 2017-03-30
オリンピックのコスモポリタニズムにおける平和構想
野上 玲子/体育・スポーツ哲学研究 39(2), 109-120, 2017
世界平和と基本的人権,その指標としての「訪問権」 : カントによる世界市民権概念について
菅沢 龍文/法政大学文学部紀要 (76), 13-31, 2017
オリンピズムの平和思想に関する哲学的探究
野上 玲子/体育・スポーツ哲学研究 38(2), 133-145, 2016
観光と平和の関係をめぐる「楽観論」と「慎重論」
滝 知則/長崎国際大学論叢 (14), 91-101, 2014
柳宗悦の平和思想 : カントの永久平和論の影響を中心に(第十四部会,<特集>第72回学術大会紀要)
李 勝鉉/宗教研究 87(Suppl), 480-481, 2014
翻訳 フリードリッヒ・ゲンツ「永遠平和について」(1800年)
ゲンツ フリードリッヒ [編集] , 栩木 憲一郎 [翻訳]/葉大学人文社会科学研究 (27), 253-277, 2013-09
政治的自由主義と平和主義・序説 : ジョン・ロールズと日本国憲法9条
麻生 多聞/鳴門教育大学研究紀要 28, 368-376, 2013-03-15
和文翻訳 フリードリッヒ・シュレーゲル「共和主義の概念についての試論 : カントの『永遠平和のために』をきっかけとして」
シュレーゲル フリードリッヒ , 栩木 憲一郎 [訳]/千葉大学人文社会科学研究 (25), 98-109, 2012-09
フィヒテにおける永遠平和に向けた政治思想の展開について
栩木 憲一郎/千葉大学人文社会科学研究 (24), 78-94, 2012-03
戦争と平和に関する倫理学的考察 : カントの永遠平和論は現代においても有効な理論となりうるか?
中野 俊光/倫理学 -(28), 39-54, 2012
カントの『永遠平和のために』とフィヒテの書評
栩木 憲一郎/千葉大学人文社会科学研究 (23), 148-159, 2011-09
徂徠・尊徳・弘之における倫理・政治の三層構造--西洋近代の社会倫理と儒教的環境思想の結合
山内 友三郎/大阪教育大学紀要 1 人文科学 58(2), 77-96, 2010-02
イマヌエル・カントの政治哲学の現代的意義 : 『永遠平和のために』を中心に
津守 滋/東洋英和大学院紀要 5, 1-17, 2009-03-15
カントの永遠平和論から日本国憲法第九条を見る
寺田 俊郎/プライム (29), 79-88, 2009-03
カントの法理論--あるいは人権と人民主権と永遠の平和について
遠藤 克彦/愛媛大学法文学部論集 総合政策学科編 (27), 1-59, 2009
東洋平和と永遠平和--安重根とイマヌエル・カントの理想
牧野 英二/法政大学文学部紀要 (60), 37-52, 2009
カント永遠平和論の諸問題--カントの平和論は時代遅れか? (シンポジウム「カント永遠平和論の諸問題」)
宇佐美 公生/東北哲学会年報 (25), 63-70, 2009
青いことはそう悪くない。 : 『永遠平和のために カント十六歳からの平和論』を読む (<特集>緑蔭図書紹介)
菊地 知子 , 鈴木 実乃里/幼児の教育 107(8), 24-27, 2008-08-01
I.カントの<あたかも>国家論の問題点 : 『永遠平和のために』を中心に
山本 淳/雲雀野 = The Lark Hill 30, 41-53, 2008
ロールズの『万民の法』におけるカントの位置付け : カントの『永遠平和のために』を中心に
板橋 亮平/法政論叢 45(1), 103-124, 2008
I.カントの<あたかも>国家論の問題点 : 『永遠平和のために』を中心に
山本 淳/雲雀野 : 豊橋技術科学大学人文科学系紀要 30, 41-53, 2008
カント『永遠平和のために』 における「予備条項」 の有機的連関
新川 信洋/言語社会 1, 277-293, 2007-03-31
カント『永遠平和のために』を読む : 『人倫の形而上学の基礎づけ』を手がかりに
仙田 貴孝/九州保健福祉大学研究紀要 8, 203-210, 2007-03-25
研究ノート 国際関係論と世界市民教育 : カントのコスモポリタニズムをめぐる議論から
田中 宏明 , 辻 利則 , 川瀬 隆千 , 竹野 茂/宮崎公立大学人文学部紀要 14(1), 193-221, 2007-03-20
カントが平和夢想家から戦争擁護者に転向したと憶測されていることに関して
Hesse Reinhard , 舩尾 日出志 [訳]/哲学と教育 (54), 38-42, 2006
カント『永遠平和のために』のアクチュアリティ : ヨーロッパ帝国主義批判の書として
平子 友長/唯物論 : 東京唯物論研究会会報 79, 27-42, 2005-12
主権概念の解体と平和論
田中 誠/メタフュシカ 35(2), 69-78, 2004-12-25
カント平和論と近代徴兵制 : 中江兆民・鹿子木員信・朝永三十郎の解釈を中心に(藤村潤一郎教授退任記念号)
伊藤 貴雄/創価大学人文論集 16, A129-A169, 2004-03
平和文化の創造のために : マハトマ・ガンジーと池田大作
カマラカント パンダ , 開沼 正 [訳]/通信教育部論集 6, 1-9, 2003-08
カント『平和論』におけるレトリカルな表現について
山本 泰生/横浜国立大学教育人間科学部紀要. II, 人文科学 5, 89-104, 2003-02-28
何が我々を永遠平和へと導くのか : カント『永遠平和に向けて』における移行の問題
安井 正寛/比較文学・文化論集 18, 127-137, 2001-03-30
カントの<戦争と平和>論(2)
青木 茂/流通經濟大學論集 32(2), 134-149, 1997-11
カントの<戦争と平和>論(1)
青木 茂/流通經濟大學論集 31(2), 67-81, 1996-11
平和の主体について : イマヌエル・カントーアンネ・フランクーリヒャルト・フォン・ヴァイツゼッカー
幸津 國生/社会福祉 35, 35-55, 1995-03
カントの平和の哲学
宇都宮 芳明/北海道大学文学部紀要 36(1), p55-108, 1987-12
カントの永遠平和の理念
藤田 昇吾/大阪教育大学紀要. I, 人文科学 36(1), 21-34, 1987-08
歴史的転換期の倫理――カントの平和論を顧みつつ――
松本 良彦/国士舘大学文学部人文学会紀要 16, 1984-01
カント哲学における正義と平和の矛盾と一致
渡辺 学/人間学紀要 (12), p82-102, 1982-12
哲学と平和--カントの平和論に即して
Spennemann Klaus/人文学 (135), p1-20, 1980-03
カントの実践哲学-4-世界公民的見地における平和の問題
遠山 義孝/明治大学教養論集 (129), p1-19, 1980
カントの平和の法思想について--フランス革命の憲法原則との関連の検討 (矢田〔俊隆〕教授退官記念特集)
深瀬 忠一/北大法学論集 29(3・4), p441-479, 1979
<論説>カントの永久平和論(3)(人文科学篇)
長戸路 千秋/千葉敬愛経済大学研究論集 13, 181-202, 1977-12
<論説>カントの永久平和論(2)(人文科学篇)
長戸路 千秋/千葉敬愛経済大学研究論集 11, 43-63, 1976-12
カントの永久平和論(人文科学篇)
長戸路 千秋/千葉敬愛経済大学研究論集 9, 331-350, 1975-10
カント哲学における平和思想について
浅田 宏.桃山学院大学人文科学研究 4(2), 1-21, 1967-07-15
カントの永久平和論
渡辺 義晴/信州大学紀要 (5), ????, 1956-07
カント永久平和論について
杉村 廣藏/一橋論叢 18(4), 193-217, 1947-10-01

カント「理論と実践」

カントの『理論と実践』における自立のアンチノミー
大森 一三/法政大学文学部紀要 = Bulletin of Faculty of Letters, Hosei University (71), 31-45, 2015
和文翻訳 フリードリッヒ・ゲンツ「カント教授の理論と実践の関係についての考察に対する補足」(1793年)
栩木 憲一郎/千葉大学人文社会科学研究 (29), 199-210, 2014-09
21世紀の新しい「知」を求めて : 理性と想像力の連関、統合的実践 (21世紀の新しい知を求めて)
橋本 典子/青山学院女子短期大学総合文化研究所年報 (20), 159-175, 2012-12