哲学空間ポリロゴス

哲学の系譜

中山 元

1.1 ソクラテス以前の古代ギリシア哲学

1.1 タレス
1.2 アナクシマンドロス
1.3 アナクシメネス
1.4 ピュタゴラス
1.5 クセノパネス
1.6 ヘラクレイトス
1.7 パルメニデス
1.8 エンペドクレス
1.9 アナクサゴラス
1.10 デモクリトス
1.11 ソフィストたち

1.2 古代ギリシア哲学

1.12 ソクラテス
1.13 プラトン
1.14 アリストテレス
1.15 クセノフォン
1.16 キュニコス派

2.1 ストア派

1.2.1 ゼノン
1.2.2 セネカ 著作論考
1.2.3 キケロ   著作
1.2.4 マルクス・アウレリウス
1.2.5 エピクテトス

2.2 懐疑主義、エピクロス派、その他

2.2.1 ピュロン
2.2.2 セクストゥス・エンピリクス
2.2.3 エピクロス
2.2.4 プルタルコス
2.2.5 ガレノス
2.2.6 フィロン

2.3 新プラトン主義

2.3.1 プロティノス
2.3.2 ポルピュリオス
2.3.3 プロクロス
2.3.4 ボエティウス

3.1ギリシア教父とアウグスチヌス

3.1.1 テルトゥリアヌス
3.1.2 クレメンス
3.1.3 オリゲネス
3.1.4 グレゴリオス
3.1.5 アタナシオス 著作と論考
3.1.6 アウグスチヌス著作論考

3.2 初期スコラ哲学

3.2.1 アンセルムス
3.2.2 アベラルドゥス
3.2.3 ベルナルドゥス

3.3 盛期スコラ哲学

3.3.1 ペトルス・ロンバルドゥス
3.3.2 ボナベントゥラ
3.3.3 シゲルス(ブラバンの)
3.3.4 トマス・アクィナス

3.4 後期スコラ哲学

3.4.1 ドゥンス・スコトゥス
3.4.2 ウィリアム・オッカム
3.4.3 エックハルト
3.4.4 スアレス

4.1 ルネサンス哲学

4.1.1トマス・ア・ケンピス
4.1.2 ニコラウス・クザーヌス
4.1.3 ペトラルカ
4.1.4 フィチーノ
4.1.5 ピーコ・デッラ・ミランドラ 著作と論考
4.1.6 ポンポナッティ
4.1.7 カンパネッラ
4.1.8 アルベルティ
4.1.9 カルダーノ
4.1.10 テレージオ
4.1.11 パトリッツィ
4.1.12 パルミエーリ
4.1.13 パラケルスス

4.2 人文主義者など

4.2.1 ブルーノ 著作と論考
4.2.2 エラスムス 著作と論考
4.2.3 トマス・モア   著作と論考
4.2.4 マキァヴェッリ   著作と論考
4.2.5 ジャン・ボダン   著作と論考
4.2.6 モンテーニュ
4.2.7 フランシス・ベーコン
4.2.8 ガリレオ

4.3 宗教改革者

4.3.1 ルター
4.3.2 カルヴァン     著作論考リソース
4.3.3 メランヒトン

5.1 近代哲学の端緒

5.1.1 デカルト 著作 論考
5.1.2 ガッサンディ
5.1.3 ホッブス 論考
5.1.4 スピノザ 論考
5.1.5 ライプニッツ
5.1.6 マールブランショ
5.1.7 パスカル
5.1.8 フォントネル
5.1.9 ヴィーコ
5.1.10 コンディヤック
5.1.11 モンテスキュー  著作と論考

5.2 イギリス経験論

5.2.1 ロック
5.2.2 バークリー
5.2.3 ヒューム

5.3 啓蒙の哲学、フランス革命の哲学

5.3.1 ヴォルテール   著作と論考
5.3.2 ディドロ 論考著作
5.3.3 ダランベール
5.3.4 ベイル
5.3.5 ルソー    著作論考 書籍英語とフランス語のルソー論論考 論文リソース
5.3.6 エドマンド・バーク 論考著作リソース
5.3.7 トマス・ペイン 著作と論考
5.3.8 トクヴィル 著作と論考
5.3.9 シェイエス
5.3.10 フンボルト   著作と論考

5.4 ドイツ観念論

5.4.1 カント
5.4.2 フィヒテ
5.4.3 シェリング
5.4.4 ヘーゲル

6.1現代哲学の胎動

6.1.1 キルケゴール 著作と論考
6.1.2 ショーペンハウアー 著作論考論考 論文
6.1.3 ニーチェ 論考論考 論文
6.1.3 フロイト
6.1.4 フォイエルバハ
6.1.5 シュティルナー
6.1.6 マルクス/エンゲルス
6.1.7 コント
6.1.8 ミル
6.1.9 ベンサム
6.1.10 スペンサー
6.1.11 プルードン

6.2 生の哲学とプラグマティズム

6.2.1 ベルクソン
6.2.2 ジェームズ
6.2.3 デューイ
6.2.4 パース
6.2.5 ジンメル

6.3 論理学と科学哲学

6.3.1 ラッセル
6.3.2 ホワイトヘッド
6.3.4 ウィトゲンシュタイン
6.3.5 フレーゲ
6.3.6 ウィーン学団
6.3.7 バシュラール
6.3.8 カンギレーム
6.3.9 クーン
6.3.10 ポパー

6.4 新カント派

6.4.1 ヘルマン・コーエン
6.4.2 パウル・ナトルプ
6.4.3 エルンスト・カッシーラー
6.4.4 ニコライ・ハルトマン
6.4.5 ヴィルヘルム・ヴィンデルバント
6.4.6 ハインリヒ・リッケルト
6.4.7 エミル・ラスク    著作と論考

6.5 現象学と存在論

6.5.1 フッサール
6.5.2 シェーラー 著作と論考
6.5.3 ハイデガー 著作   論考
6.5.4 ヤスパース
6.5.5 サルトル 著作
6.5.6 メルロ=ポンティ 著作   論考

6.5.7 マルセル

6.6 分析哲学

6.6.1 ヴィトゲンシュタイン
6.6.2 ラッセル
6.6.3 オースティン
6.6.4 クワイン
6.6.5 デイヴッドソン
6.6.6 クリプキ
6.6.7 エアー
6.6.8 サール

6.7 構造主義とポスト構造主義

6.7.1 ソシュール
6.7.2 ガストン・バレシュラール
6.7.3 ミハイル・バフチン
6.7.4 ジュルジュ・カンギレーム
6.7.5 ジャン・カヴァイエス
6.7.6 マルセル・モース
6.7.7 レヴィ=ストロース
6.7.8 バルト
6.7.9 エミール・バンヴェニスト
6.7.10 ピエール・ブルデュー
6.7.11 ノアム・チョムスキー
6.7.12 ジョルジュ・デュメジル
6.7.13 ジェラール・ジュネット
6.7.14 ロマン・ヤコブソン
6.7.15 ミシェル・セール
6.7.16 フェルナン・ブローデル
6.7.17 フーコー
6.7.18 ドゥルーズ 著作 論考、欧文
6.7.19 デリダ  著作 論考、欧文
6.7.20 リオタール 著作
6.7.21 クリステヴァ 著作
6.7.22 ジョルジュ・バタイユ  著作

6.8 記号論

6.8.1 ロラン・バルト
6.8.2 エンベルト・エーコ
6.8.3 アルジルダス・ジュリアン・グレマス
6.8.4 ルイ・イェルムスレゥ
6.8.5 チャールズ・サンダース・パース
6.8.6 ツヴェタン・トドロフ

6.9 マルクス主義、批判理論、システム論

6.9.1 ルカーチ
6.9.2 ベンヤミン
6.9.3 アドルノ
6.9.4 ホルクハイマー
6.9.5 ブロッホ
6.9.6 ハーバーマス
6.9.7 ホネット
6.9.8 アルチュセール
6.9.9 ルーマン
6.9.8 エルネスト・ラクラウ
6.9.10 アラン・トゥレーヌ

6.10 精神分析

6.10.1 ラカン
6.10.2 ユング
6.10.3 クライン
6.10.4 コフート
6.10.5 ウィニコット

6.11 道徳と政治の哲学

6.11.1 ロールズ
6.11.2 テイラー
6.11.3 マッキンタイア
6.11.4 アレント
6.11.5 レヴィナス著作   論考
6.11.6 ヴェイユ

6.12 解釈学など

6.12.1 ディルタイ
6.12.2 ガダマー
6.12.3 リクール
6.12.4 マリタン

6.13 フェミニズム

6.13.1 リュス・イリガライ
6.13.2 ミシェル・ル・ドゥフ
6.13.3 キャロル・ベイトマン

6.14 モダニティとポストモダン

6.14.1 モーリス・ブランショ
6.14.2 ジェイムズ・ジョイス
6.14.3 ゲオルク・ジンメル
6.14.4 フィリップ・ソレルス
6.14.5 シャン・ボードリヤール
6.14.6.マルグリット・デュラス
6.14.7 ジャン=フランソウ・リオタール
6.14.8 バリバール 著作